カテゴリ:映画( 13 )

c0105780_10565647.jpg


またまた ご無沙汰のブログ更新になってしまいました。
こんにちは!

めっきり映画を愉しむ事が無くなってしまったこの頃、
そんな中、すごく感動し、とっても良かったよ!と薦めたくなる映画を観ました。

スーパーローカルヒーロー FaceBookページ
開催中の第4回茅ヶ崎映画祭にて上映中です。
お近くの方は是非!!

ちなみに、スーパーローカルヒーローとは、
尾道のヘンテコなCDショップ れいこう堂を営むノブエさんという方の事です。



[PR]
by relabana | 2015-06-13 11:06 | 映画

ジョン・カサヴェテス



久々に仕事を離れて趣味の話


数週間前ジョン•カサヴェテスというアメリカの映画監督の映画を20数年振りに観るため
疲れた身体にむち打って夜の渋谷に向かった

最終日の最終回ということあって立ち見が出る程の盛況振り

地べたに座りながら身体を捩って見終わったら終電の時刻
それでも カサヴェテスの躍動感に満ちドライな視点に感動しながら
フラフラになりながら満員電車に揺られて帰ったのであった

あ〜こんな幸福感は久しぶりだ〜

幸福を感じる時はどんな時?
なんて事を数日前に友人知人と話したばかりだけれど
幸福ってこんな時だなぁと思った




[PR]
by relabana | 2012-07-15 12:41 | 映画

真夏の夜のジャズ



今日この映画の話題になったので
1958年に開催された第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバルを記録した
ドキュメンタリー映画『真夏の夜のジャズ』をアップ
50年代後半のファッションのお洒落な感じや
映像のかっこよさ
モダンジャズの神髄が楽しめる映画だ
監督はバート・スターン
彼は有名なファッション ポートレートの写真家なのだそうだ
映像の構成や構図がいかにも写真家の仕事っぽい
私はこの映画のエンディングが特に好きだ

ところで
映画全編から50年代のアメリカのゆったりした雰囲気が漂ってくるのだけれど
現実は公民権運動真っ只中の時代なんだよなぁ
それを思うと複雑な気持ちになります



[PR]
by relabana | 2011-08-06 01:14 | 映画

淋しげなサマンサ

昨日友人とサマンサ・モートンの『イン アメリカ』という映画の話題になった
c0105780_630245.jpg

『イン アメリカ』は心に沁みる大好きな映画だけれど
サマンサ・モートンといえば ウディ・アレンの『ギター弾きの恋』を思い出す
c0105780_6302064.jpg


主演のショーン・ペンも音楽もとっても良かったし
聾唖者でちょっと知的障害の女性という役回りのモートンの
無垢で淋しげな眼差しと暖かい表情がずっと記憶に残る映画だった

目は口ほどに物を言い とはまさにこの事ですかね

ところで
ショーン・ペンが好きになったのはこの映画から
サマンサ・モートンの出演作の中でも一番好きな映画なのであります
軽快な音楽もいいんだなあ
そこは流石ウディ・アレン



そしてサマンサ・モートンの出演映画でぜひ観ようと思っているのは『ミスター・ロンリー』
監督がハーモニー・コリン 懐かしいトニ・ラヴァンも出てるんなら尚のこと観なきゃなのだ
c0105780_6323890.jpg

c0105780_6325387.jpg

ちなみに写真はマイケル・ジャクソンではありませんヨ




[PR]
by relabana | 2009-12-03 06:47 | 映画

眠たい街

お盆に帰省した

故郷は映画おくりびとの舞台となった地から
ちょっと入った過疎の地
映画の舞台となった街は寂れてちょっと眠たい街
景観はそんな感じがとてもよく描かれていた

わたしはそんな感じがとても好きなんだけど
地元ではあまり歓迎されてないみたいだ
古い感じがいいんだけどなあ



[PR]
by relabana | 2009-08-23 22:57 | 映画

扉をたたくひと

映画サークルもどきにに入っている
メンバーの年齢は多様
趣味も違えば人生経験も違い
ひとつの映画に対する感想も様々だ
そこが面白い訳だけどね

そして
先日映画好きの方から教えていただいた
『扉をたたくひと』を観た
観終わった後
イイ映画ダッタナア〜
と思いながらも
シカシ マテヨ 皆ならどう思うかな などと
雑念が・・・
イカン イカン
もう少しリラックスして
映画を鑑賞したいと思う今日この頃デス


ちなみに
打楽器好きのわたしにとっては
とても惹かれる映画でしたね



[PR]
by relabana | 2009-07-24 03:48 | 映画

猛暑!

猛暑到来!

夏にはすこぶる弱いときたもんだ
辛いなあ 夏は

こんな風に
ひと夏に一回は暑さを愚痴る事 
お許しを


関係ない事ですが
先日
『親切なクムジャさん』を観た

ちょっとエグく ヘビーな映画だけど
主演のイ・ヨンエがとってもいい
でもヘビーなものが大丈夫なわたしでさえ 二度観る気はしないタイプの映画なので
観ようかなと思ったそこのあなた
お気をつけあそばせ

しかし
そんな映画においても
イ・ヨンエの上品な存在感にぐっと惹き込まれた作品
刺激的で
酷暑にぴったりの(?)映画であった




[PR]
by relabana | 2009-07-17 14:08 | 映画

めぐりあう時間たち

ある日の渋谷

雑踏の中 見慣れた友人の顔を発見した
度々ブログ上に登場する若き友人の顔である
日曜日の渋谷といったら凄い人混みで
そんな中
友人とばったり出会うなんて なんともビックリ


以前 井の頭公園のフリーマーケットに友人が出店した時の事
友人の写真を何枚か撮り
数年後にその写真を見直していたら
偶然 隣に写っていた見ず知らずの女性と
後日知り合っていたという事に気付いた時には驚いた
これに似た事が一度ならずもあったりして
縁とは なんとも不思議なものだなぁと思ってしまう
そういえば
『めぐりあう時間たち』という映画を観た時
ふと この事を思い出したのでした




[PR]
by relabana | 2009-05-10 23:22 | 映画

嗜好

映画にまつわるエピソード

まだ二十歳の頃
台風クラブという映画がとっても良かったヨ とある人に勧めたときの話だ

映画が好きそうなその人は じゃー観てみるね と言って
早速 数日後に感想を伝えてくれた
こんなに良い映画なのだから
感想はきっと好ましいものに違いないと 思い込んでいたわたし
結果は違っていた

彼はハリウッド映画が大好きな人だった

当たり前の事だけど 自分がどんなに良いと思っても
人には嗜好というモノがあるのだよね
遅まきながらそれがわかった 二十歳の春であった




[PR]
by relabana | 2009-04-10 21:04 | 映画

ドキュメンタリー映画

『彼女の名はサビーヌ』
『長江に生きる』

先日2本のドキュメンタリー映画を観た
肌寒いその日の渋谷は人通りも少なく
静かで どこか無気味

しかし
映画はどちらもとても素晴らしくて 
いろいろ考え 相棒といろいろ喋って
満たされた気分で 
2本立て続けに観た疲労感も心地良く
帰途についた

はて 自分にとって大切な事って何だっけ?
そんな事を考えさせられる映画だった




[PR]
by relabana | 2009-03-16 22:12 | 映画

Cats & works etc. . . . . .


by relabana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31