The Real Tuesday Weld




イギリスのバンド、The Real Tuesday Weld の

♪ I'll see you in my dreams ♪を聞きながら 寝る。

いい夢見よう。










[PR]
by relabana | 2015-10-10 00:13 | 音楽

この夏

色々な事があって、色々な事を思った、この夏でございました。

空っぽな身体。
空っぽな心。

生きてるって言ってみろっ!
生きてるって言ってみろっ!
って、歌ってた人がいた。

う〜〜ん、そんな実感があったら、それが幸せってもんなんだろうね。



c0105780_2253485.jpg




ネコ達のキャラクターも様々で
そんな中tomcoは気ままで、生きてるって感じがする。




[PR]
by relabana | 2015-09-05 23:01 | ネコと雑記

B Collection ♪ _1


B Collectionと称してスクラップしていきます。

『B』つまりはBlack
音楽、PV、Art、等々全てのジャンルでスクラップします。

さあ、第一弾は Asa♪








[PR]
by relabana | 2015-09-03 21:23 | 音楽


R.E.M.好きなのですが、このPVのインテリアが尚 好き。




[PR]
by relabana | 2014-03-07 10:28 | 音楽
数年前、父の看護で実家に帰っていた一年半の間、
父の入院している鶴岡という街から一時間車を走らせ、
カーステレオの音量を最大限にしながらLou ReedのTransformerという
アルバムをずっと聴き続け、
誰もいない、凍える程寒い
(これは脚色じゃなく、凍え切ってしまい熱い風呂に入らない限り身体の凍えは融けなかった)
真っ暗な家に毎日帰って来た。

これを言うと相棒は一瞬嗤うんだけれど,
その時思った事は、NYの退廃と僻地の荒廃は同じ匂いがするという事。
Lou Reedの音が山形の僻地の荒廃に哀しいくらいすごく馴染んでいた。








[PR]
by relabana | 2013-11-01 22:42 | 音楽

Lou Reed




Lou Reed

フランケン Reedとか言われたりして、
彼は風貌がかなり変わっているかもしれない。

合田佐和子という画家がいるのだけれど、
色弱の合田佐和子が描くLou Reedはとても怪しく、美しく(ワタシにとっては)
なんだろうこの魅力は?!と、いつも心に引っかかっていた。

でもミュージシャンのLouの歌はまだ聴いた事が無かった。

数年後、結婚した相棒が、The Velvet Undergroundというバンドを教えてくれた。
そこにLou Reedがいた。

そして、
先日、Lou Reedが天国に召された。




[PR]
by relabana | 2013-11-01 21:54 | 音楽

アリガト サドチャン

c0105780_1046281.jpg


c0105780_10443924.jpg


c0105780_10471758.jpg


サドチャンがMacに変身

夫のSadowskyというベースを下取りに出しMacBook Proを買った

Sadowskyというギターは中々美しく(私は音色は分からないからビジュアル重視で)
サドチャンとか言ってかわいがってた
今後こんな良いものはそうそう買えるものではないから
売らなくてもいいんじゃないの とずっと言ってたのだけれど
使い勝手の悪いMacが新しくなるという誘惑には勝てず
売るか!という夫の言葉に今回は乗ってしまった

手放すその日
夫 なんともあっさりしたもので
写真撮らないの?と聞いたら『うん いい』
でも 下取り査定中に奏でる音の良さに思わず感動
私がサドちゃんをパチリとした

アリガト サドチャン

この頃 モノにまみれて暮らしている私にとってのモノってなんだろうなと考えることがある



それから
いつもありがとうございます!
MacアドバイザーのAさん(と勝手に命名)



[PR]
by relabana | 2011-12-13 11:22 | 音楽

真夏の夜のジャズ



今日この映画の話題になったので
1958年に開催された第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバルを記録した
ドキュメンタリー映画『真夏の夜のジャズ』をアップ
50年代後半のファッションのお洒落な感じや
映像のかっこよさ
モダンジャズの神髄が楽しめる映画だ
監督はバート・スターン
彼は有名なファッション ポートレートの写真家なのだそうだ
映像の構成や構図がいかにも写真家の仕事っぽい
私はこの映画のエンディングが特に好きだ

ところで
映画全編から50年代のアメリカのゆったりした雰囲気が漂ってくるのだけれど
現実は公民権運動真っ只中の時代なんだよなぁ
それを思うと複雑な気持ちになります



[PR]
by relabana | 2011-08-06 01:14 | 映画

Yeah, it's that easy ♪

c0105780_14182228.jpg

最近 身体と頭を緩める事に努めています
(齢を重ねていくと体もきつくなってまいりまして 疲労回復のために)
身体の方は色々と教わりながら ナントナク緩める事が出来ているような気がするのだけど
頭(ココロ)の方は 中々難しいですネ

そんな ガチガチな頭を緩める手助けになってくれるのが音楽
今日『G. Love & special sauce』のライブを観ながら
あ〜 緩んでいくなぁと実感した
彼等のアルバムに『Yeah, it's that easy』という
まさに気持ちがユルユルになりそうな一枚があるのだけれど
なかでも『Willow Tree』という曲のけだるいグルーヴ感は
な〜んともいえず気持ちがいいのです
そう 
そして時には『Year, it's that easy』ってな気分になりたいもの


[PR]
by relabana | 2008-06-23 00:04 | ネコと雑記

Cats & works etc. . . . . .


by relabana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30